今までで一番記憶に残る映画【メメント】について紹介します。

2016y05m01d_000859322

2000年公開のアメリカ映画です。
監督はクリストファーノーランという方だそうです。

この映画を最初の10分くらいまで意味がわからずに見ていたのですが、あるタイミングでストーリーを終わりから始まりへ時系列を逆向きに写しているということに気がつき、自分のなかで低評価から一気に最高になりました。今まで見てきた映画でこんな心理状態になることは無かったです。
何よりもこういった情報を一切持たない状態で見ることが出来たのが幸いしました。

この映画の主人公は10分間しか記憶が持たない病気と糖尿病を患っています。

ある日、奥さんを強姦され殺されてしまいます。
その犯人に突き飛ばされた事で頭に外傷をおった事が原因です。

主人公は奥さんを殺した男に報復をするために生きています。

大事な事は忘れないように体に彫って有ったりメモしてあったりポラロイドカメラで撮ったりして残しています。
例えるなら、「掟上今日子の備忘録」の酷いやつです。

この秘密が結構な頻度でバレます。

知った人たちがそれを利用して主人公を良いように扱います。

でも主人公は騙されている事もメモや写真を改編されていることにも気がつきません。

この物語は結末から始まります。
どうしてそこに至ったのかを遡っていく映画です。
私は好きです。

ドラマ 見放題

コメントを残す