この夏気を付けたい熱中症の様々な症状について

2016y08m21d_152250322

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じる様々な症状の総称です。症状としては、めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。また、「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。筋肉がピクピクと痙攣したり、硬くなることもあります。体がぐったりし、力が入らない。吐き気や嘔吐、頭痛などを伴う場合もあります。拭いても拭いても汗がでる、もしくは全く汗をかいていないなど、汗のかき方に異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。体温が高くて皮膚を触るととても熱い、皮膚が赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。普通の汗ならサラフェっていう制汗クリームで止められるんですけどね。気になった方はサラフェの口コミ効果をチェック。声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、真っ直ぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。すぐ医療機関を受診するのがいいでしょう。呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。この場合は、無理矢理水分を口から飲ませることは止めましょう。すぐ医療機関を受診するのをおススメします。

コメントを残す