へそくりは一体誰の財産になるのだろうか?

2016y08m21d_082922831

家庭によってお金の管理の仕方は様々だと思います。夫婦共働きが増えている一方で、夫は働いて、妻は専業主婦という家庭もまだまだ多いのではないでしょうか。そういった家庭は妻が財布のひもを握っている家庭割合が多いみたいですが、へそくりをしている割合も多いみたいです。夫は妻のへそくりを使うことができるようです。もちろん妻の方が独身時代に貯めていたお金を勝手に使ってしまうのは窃盗罪になります。あくまでも夫の稼いだお金をへそくりに回す場合に限るようですが、なかなか明るみにはならないでしょう。夫の浪費癖がひどいことを知っている方は貯蓄をしているだけでなく、へそくりという形で共有している情報とは別でお金を貯めている方もいるでしょう。長年の間にかなりの金額を貯めている方も珍しくありません。へそくりは一見すると、妻の方がやりくりをして蓄えたお金ですから、妻の財産だと考えている方も多いみたいですが、へそくりというのは法律上では夫の財産とみなされます。へそくりというのは夫の給料の一部をもらった、贈与したという風にみえますが、法律の上では成立はしていません。というのも契約書もなければ贈与税の申告等もしていないからです。ですから、へそくりは「夫からもらったもの」ではなく「夫の財産を管理しているもの」ということになります。たとえ、妻名義の口座をつくり、そこに貯金をしたとしても法律上は夫の財産となるのです。法律にはいろんなものがありますが、民法上は夫婦共有の財産と認められても、税法上は共有財産ではないという判断をされることがありますので、へそくりの管理は生活のやりくりだけでなく、万が一のための法律の勉強もしておいた方が身を守ることに繋がるかもしれません。ちなみに、妻がへそくりを自分のものにしたい場合は、贈与税の申告を毎年行うことで可能になります。贈与税の基礎控除額の年間110万円以下であれば申告義務は基本的には必要ありませんが、いざという時に証明できるものがあると強みになりますので、こっそりと行っておくといいかもしれません。
ストレスでニキビができてそのニキビも潰しちゃってニキビ跡になりそうです。

コメントを残す