不眠症

071442

私は20代で大病を患い入院していました。その時は眠れず深夜にタバコ吸いにいったりしてました。その事を主治医に相談したら、睡眠導入剤を処方されました。それで眠れるようになったのですが、逆に薬がないと眠れない様になりました。最初の内は、マイスリーと言う薬でねむれてました。しかし、薬に耐性がついたのか、それでも眠れなくなったのです。そしてハルシオンと言う薬に変えてもらいました。この薬は依存性が高く気分が良くなるので、ハッピードラッグみたいな感じになります。ハルシオンはかなり長期に渡りのんでいましたが、今度は中途覚醒するようになり、ロヒプノールと言う薬を追加することになりました。初めの内は飲んだらすぐに爆睡して朝起きるのが大変でした。そのロヒプノールも耐性がつき、また薬が増えました。今度は心療内科で薬を貰うようになりました。それから最強と呼ばれるベゲタミンAを二錠、Bも二錠飲んでまして、起きてるときも朦朧としてました。まさしく薬漬けでした。それから、減薬のために入院しました。入院中は軽めの薬しか出されず、なかなか眠れませんでした。でも朦朧としていた意識もだいぶ元に戻ってきました。そして持病が悪化したので、退院し、内科の治療に入りました。入院していた精神科から他の心療内科を紹介されそこで受診してましたが薬は変わったのと量が増えました。結局、薬なしでは寝れない体質になりました。安易に睡眠薬を貰うものではないですね。

コメントを残す