薬ではなく、お茶に頼ってみたものの

b3e5799410ab78164dcbb12b556e5f6e_s
私は、5年ほど前に大切な人を無くしたことをきっかけに不眠症になってしまいました。
だんだん寝つきが悪くなり、眠れない日が増えていき、最初は一人で誰にも言えずに悩んでいました。
そんな日が半年ほど続き、昼間にも影響が出て来たので、妻に相談をして心療内科で診察してもらうことにしました。
診察をして貰った時に、不眠症と診断をされ、薬を処方すると言われたのですが、
睡眠薬や精神安定剤などの薬は、慣れてしまうと効き目がなくなってしまうなどという事を良く聞いていましたし、
薬漬けの身体になってしまうような恐ろしい気分になったので、薬を処方するのは止めてくださいと
医者にお願いをし、その時は漢方薬を処方してもらいました。
漢方薬を飲んで一か月ほど立つと、眠れない日がなくなり、寝つきは悪くても一日に3時間程度は眠れるようになりました。
その頃、カフェインを極力避けていたので、コーヒーや紅茶などを飲まなかった影響で、
ハーブティに凝っていたのですが、カモミールティを夜飲むと、寝つきが良くなることに気付きました。
調べてみるとカモミールティには落ち着く作用があるとのことで、それ以来カモミールティに頼っていました。
今でもストレスや疲れがたまるたびに不眠に悩まされているのですが、
カモミールティに頼りすぎたせいか、もうカモミールティの効果が表れず、寝つきが良くなることは無くなってしまいました。
薬も頼りすぎると効果がなくなってしまうと聞きますが、ハーブティも飲みすぎると効果がなくなってしまうのだと、
最近気が付きました。

ハーブアブソリュートコンブッカはこちら

コメントを残す