睡眠不足は枕があっていないことが一番の原因?

result_909123_14331888_250406_8507033

私は子供の頃から寝付きが悪くて、布団にはいってもずっと寝ることができずに、考えごとばかりしているような子供でした。早く寝よう、寝ようと思っても小さな音が気になったり、身体が痒くなったりと、気がつくと布団に入ってから2時間ぐらいとか普通に経ってました。大人になって、夜更かしをするようになっても、なかなか眠りに入ることができません。なんか枕が自分にピッタリ合うものがなくて、何個も枕を買い替えたんですがイマイチ自分にしっくりくるものがみつかりません。低反発枕は、自分の頭の形にピッタリつくんですが、なんか柔らかくて首をしっかりと支えてくれないんですよね。ベッドのマットレスを低反発のものに変えたんですが、マットレスも低反発で枕も低反発枕だと、なんかとても寝にくいです。低反発マットレスに枕なしだとやっぱり寝にくいし、いろいろ試した結果、枕は硬めが合うような気がします。首をしっかりと支えてくれる硬めで、頭の部分は柔らかいそんな枕があれば良いと思いますが、探しても見たことはありません。自分で作ってみるのも考えたんですが、なかなか難しそうで実行に移せずじまいです。今注目してるのは、枕と抱きまくらが一緒になったものですが、試しに布団で同じような形にして寝てみたら、結構良かったので今度購入をしてみようと思います。

ネムリス

家族が大のスナック菓子好きで無理やり食べさせようとする

2016y09m17d_223759359ダイエットを始めてから栄養バランスや食事を気にするようになってきたのですが、唯一私の悩みは家族がダイエットしていないことで起きるトラブルです。
食事も揚げ物食べたくて、どっさり作っては「食べろ」と強要してくるのだからたちが悪いし、おやつにいたってはストックがあるので買い足してくるということもしょっちゅうあります。
そこで私がとり始めた行動は自ら料理をして「栄養バランスのいい食事がしたい。」と主張していくことから始まりました。
家族からしたらかなり不満が出たりもしましたが、そのおかげで彩のある食卓を楽しむことができた上痩せることができました。
おやつにいたっては自分専用のおやつを用意しておくことにしたのです。
例えばスルメはあごの筋肉を鍛えることができる上、噛むことで満腹中枢を刺激するので少しだけでも満足できますし、たんぱく質やアミノ酸が多く筋肉を増やすには最適なおやつだということに気が付きました。
これならスナック菓子を我慢することができるし、噛めば噛むほど味が出てくるので小顔効果が期待できます。
また、おしゃぶり昆布もおすすめです。
昆布なので食物繊維が豊富で便秘解消にもつながります。
今ではスナック菓子よりもスルメやおしゃぶり昆布を食べるので、スナック菓子の誘いに乗ることは無くなりました。

コンブチャクレンズでのダイエットはおすすめです。
コンブチャクレンズ最安値はコチラ

おすすめの炊飯器

2016y09m14d_235629479
おすすめの炊飯器は東芝の真空圧力IH保温釜 RC-18VSJです。ずっと6千円ほどで購入した炊飯器を使っていましたが、保温をしていると変なにおいがしてきたりしたので買い換えを検討しました。
家電量販店でいろいろ見比べましたが、この商品は保温機能が優れていました。保温している時は真空状態になるため、40時間保温してもご飯がカピカピになったり、変色したり、味が変化することがないとのことでした。
釜に力を入れているメーカーもありましたが、極端に重かったり、割れる可能性があったりすることを販売員の方に教えてもらいました。特別なコーティングをしていて釜でお米を洗えないものもありました。
こちらの商品はずっしりとはしていますが、お米を研ぐのに不便するほどではありません。
実際に使ってみると本当に保温の機能は優れています。40時間保温することはないのですが、丸1日たってもおいしい状態を保っています。炊きたてのおいしい状態を保つわけではありませんが、24時間後でもふっくらと真っ白なご飯のままです。
蓋の内側を外して洗えるので、においが気になることもありません。
真空状態になる時に、カチッ、ブーと少し大きめの音がするのが気になる方もいるかもしれません。

それと、自分で巻き爪を矯正できる巻き爪ロボもオススメです。

「宮廷画家ゴヤは見た」…汚れ役ナタリーにファンもびっくり!

2016y09m06d_230638544

「カッコーの巣の上で」「アマデウス」と二つのアカデミー賞に輝く巨匠ミロス・フォアマン監督の新作は、18世紀末の中世から近世に移りゆくスペインを舞台。
宮廷画家であるフランシスコ・ゴヤの視点を通して一組の男女の数奇な運命と愛憎を描いた歴史劇だ。
豪華絢爛だった「アマデウス」と比べるとB級臭さは否めないが、そこそこにお金もかかっており、先の読めないストーリー展開もあいまってなかなか楽しめる作品となっていると思う。とにかく面白かった。
先にも書いたようにタイトルロールのゴヤはどちらかというとサブ的な役回りで、メインはカトリック教会の修道士ロレンソを演じるハビエル・バルデムと裕福な商人のお嬢様イネスを演じるナタリー・ポートマン…。 アジカの口コミを読んでいたらかなり体臭に効果がありそうなので彼も使ってみたらいいのに。
この二人のくだりは史実ではなくまったくのフィクションで、ゴヤの描いた名もなき神父と令嬢の肖像画からインスピレーションを得てこの物語が生まれたらしい。
お嬢様のやんちゃが過ぎて異教徒として異端審問の拷問を受け、地下牢に幽閉されるはめになるイネス。
そして異端審問の責任者という立場を利用してイネスに言い寄るロレンソ…
そして世間知らずのお嬢様がゆえに、なすがままにロレンソに身を任せてしまうイネス。
このあたりのねっとりしたエロティシズムが前半の見せ場なんだけど、残念な事にナタリー・ポートマンの脱ぎっぷりが足りないのでやや不満が残るんだよな。

映画『赤い玉、』…老いる、ということはがテーマ

2016y09m06d_230417135

本作は老境に入った映画監督につきつけられた日常と、半ば妄想と解釈できなくもない非日常を、映画中映画とも言える二重構造の構成で描いた作品であり、主人公である映画監督・時田は高橋伴明監督自身を投影したキャラクター。つまり、監督自らが老境に至った心境を吐露した心象映画と言える。
本作のテーマとは、いわゆる老いである。大学で学生たちに映画製作を教える時田は、映画監督としてはすでに現役からドロップアウトした身だ。
それは本人も自覚していながら、講義のかたわらに新作の脚本を書き続けているが、筆は進まない。また、加齢による体力の衰えは隠しようもなく、思うようにならない下半身の機能に苦しむ。そんな時田の前に現れた美少女・律子。律子に心奪われた時田は、彼女をストーカーのように尾行し、清純な仮面の下に隠された彼女のもうひとつの顔を知る。
本作は時田が書き留めている脚本の内容とシンクロするため、自らの体験を脚本化しているのか?
それとも全てが妄想なのかは判然としない。もちろん妄想と捉えた方が、フェリーニの『8 1/2』みたく面白いのだが、その解釈は本作を見た者に委ねられる。
しかし、本作は老いという現実を赤裸々に描きながら、不思議と老醜とでも呼びたくなるような見苦しさはない。
時田が吐くセリフも自虐的ではあるが、ユーモアに満ちている。 ピアノ初心者の彼女たちもどう思っていただろうか?
要するに本作は、無頼に生きたひとりの映画監督の人生のけじめを、時田というキャラクターに託して描いた作品ってとこか。男とは幾つになっても現役、仕事と性の呪縛から逃れることはできないのだよ。赤い玉が出るまではね。